これだけは避けたい男性のNGコーディネート

学生を卒業して、社会人となって働き出す年代にあたるのが20代です。

平日は仕方ないにしても、休日なら学生時代のように自分の好きな洋服を着ても良いと考える人も少なくありません。

しかし、社会人として働きだすことで一般的な常識が問われるようになり、いつまでもちゃらついた格好をしていては認められるものも認められなくなってしまいます。

つまり、オフのファッションであっても社会人としての自覚を持った服装をすることが重要になってきます。

しかし、いくら社会人らしい格好と言っても、あまりにかっちりとし過ぎてしまうのも良くありません。

若々しさと落ちつきすぎないファッションをすることが大切ですね。

子どもっぽくなりすぎない、落ちついてしまいすぎない、と難しいラインになりですが、春ものを着るのなら若者らしいポップさは重要だと言えますね。

スタンダードなコーディネイトも悪くはありませんが、そこに拘りすぎてしまうと年齢よりも老け込んで見られてしまうので、あまりお勧めは出来ません。

例えばですが、スタンダードな中にも、ワンポイントプリントがあるアイテムなどを取り入れることで、大人っぽさの中にもちょっとした遊び心を演出するなどの工夫が必要です。

NGなコーディネイトとしては、全身真っ黒で固めてしまうような季節感のない服装ですね。

また、奇抜な格好などは別の意味で注目を集めてしまうことになるので避けておきましょう。

他にも、色使いとしては寒色系にブラック系をあわせてしまうと、秋冬ファッションのカラーとなるので注意が必要です。

色の系統で言うのなら、やはり春らしさを感じる暖色系のカラーがお勧めです。

特にピンク系のトップスなどは一枚あるのとないのでは大きな違いがあります。

春らしい色でもありますし、もし全体的に黒の系統の洋服を着ていたとしても、ピンクが差し色に入ることで明るく見えます。

ピンク系のトップスを着るのが恥ずかしいと言うようなら、暖色系であるベージュなどのアースカラーの洋服も良いでしょう。

基本的に柔らかい色使いをした洋服であれば春らしい服だと言えます。

洋服に関しては好みも大きく関わってきますが、上でも書いたように好みの問題もあって一概には難しいかもしれません。

しかし、季節にあわせてカラーを考えていくというのも、大人として大事なことですので、少しずつ覚えていくと良いですね。