どんな服が春に似合うのか?

20代というのは前半と後半で大きく人生が異なってくる年代にあたります。

具体的に言うと、20代の前半まではまだ学生だという人が多く、中盤から後半にかけては社会人として働いている人が多くなるので、ファッションの切り替えが必要になってきます。

まだ学生であるといった人なら10代の延長 のような服装でも構いませんが、社会人になったのなら少し落ちついた雰囲気を出せるようにしたいですね。

休日くらいは好きな洋服を着て過ごしたいと考える人も多いかもしれませんが、年齢にあった服装をするというのも社会人にとっては大事な要素です。

20代であることの若々しさがありながらも、大人のアイテムを上手に取り入れていくことによって、カジュアルなファッションでも社会人らしさを演出することが可能です。

女性からの評判も、学生時代の延長のようなファッションよりも、自然と落ちついているファッションの方が好感度が高いようですね。

具体的なアイテムですが、スタンダードなところならシャツにカーディガンなどをあわせるきれいめのスタイルがお勧めです。

春らしさを感じるデザインや色味のあるカーディガンにすると、爽やかさもアップします。

つい黒を選んでしまうといった男性も多いかもしれませんが、春らしさを演出するためにも明るい色をチョイスすると良いでしょう。

シャツでもドット柄やストライプ柄を選んでみたり、カーディガンなら春らしい柔らかさ、優しい色合いのものを選ぶようにしておきたいですね。

具体的な色をあげると暖色系カラーです。

白や赤、黄色などのイメージは春にぴったりのカラーだと言えますので、コーディネイトを考える時に、さりげなく入れておくと良いでしょう。

反対に、寒色系となる青や緑、紫などに関しては発色の良い色を選ぶようにして、白やベージュを基調としたアイテムと組み合わせると明るく見えます。

黒にあわせてしまうと、秋冬向けの色になるので、注意しておきたいですね。